豆乳ローションの用途と効果

脱毛・抑毛グッズとしてよく名前を聞くことのある、豆乳ローションえすが、聞いただけでも効果がありそうだけれど、実際にどんな効能があるかは分かりにくいですよね。豆乳ローションがそもそもどういったアイテムなのか、

 

 

そしてどのような効能が備わっているのを解説いたします。


大豆イソフラボンのパワーとは?

そもそも豆乳ローションとは、その名の通り豆乳を原料とした抑毛ローションのことです。大豆イソフラボンに備わっている抑毛効果に注目して開発されたものです。中には、

 

 

  • 柑橘類の果汁
  • パイナップルエキス

などをミックスし、より高い抑毛効果を狙っているものもあります。豆乳とレモン汁など柑橘類の果物の果汁またはパイナップルエキスを加熱すれば簡単にできてしまうので、自分で手作りするという方法もあります。

 

勿論、お気に入りのブランドや有名なメーカーのものを購入して使っても良いでしょう。次に、豆乳ローションの用途や効果についてですが、豆乳ローションは、脱毛処理後や入浴後など、

 

 

全身の毛穴が開いているときに体に塗ります。


これにより有効成分が毛穴に浸透するのでムダ毛の誕生を抑制することができます。

豆乳ローションの効果について

脱毛ワックスやシェービング、脱毛クリニックおよびエステサロンでの施術よりは効果が出にくいかもしれませんが、完全に天然の材料を体に塗るだけ、口に入れても安全なものなので安心です。他の脱毛・抑毛グッズに比べ、

 

 

値段がリーズナブルな点もグッドです。


また、豆乳ローションに含まれるダイズイソフラボンには、ムダ毛を抑制するだけでなく、他にも様々な美容効果があります。お肌のきめが細かく美しくなる効果や美白効果、バストアップ効果まであるようです。

 

 

乳首の黒ずみなどを解消するはたらきもあります。


目立つような抑毛効果はないかもしれないけれど、そのほかにも数え切れないほどの美容効果が隠れています。大豆アレルギーがない人にはぜひおすすめしたいビューティーアイテムです。