家庭用脱毛器の消耗品のコスト

自宅で簡単にプロ並みの脱毛ケアができる家庭用脱毛器は、脱毛サロンやクリニックに通うよりずっとお得だと人気です。確かに、あるときには脱毛サロン・クリニックの2分の1以下の費用で済ませられることもあるので、

 

 

脱毛を考えるときにはぜひ検討をしておきたい選択肢です。


とはいえ、家庭用脱毛器にはカートリッジなどの消耗品もつきものです。こうした消耗品にかかる費用を含めても、家庭用脱毛器はクリニック・サロン脱毛より安くなるのでしょうか。

カートリッジの値段とショット数

それぞれの家庭用脱毛器のカートリッジの値段ですが、まず、各種家庭用脱毛器のカートリッジの値段をチェックしてみましょう。

  • ケノン:7,700円(50000ショット)
  • ラヴィ:4,200円(20000ショット)
  • イーモリジュ:8,400円(18000ショット)
  • センスエピ:5,250円(750ショット)
  • エスピル:6,300円(8000ショット)

※脱毛器本体の値段ではありません。家庭用脱毛器のカートリッジの値段を考えるとき、チェックしたいのはショット数です。カートリッジ自体の値段が安くてもショット数が少なくては最終的には割高になってしまうからです。

家庭用脱毛器のバッテリー

また、カートリッジだけでなくバッテリーの値段も検討しなければなりません。家庭用脱毛器の中には充電ができず、別売りのバッテリーを購入しなければいけないものも少なくありません。

 

 

さらに永久充電ができず、200回程度に充電不能となってしまうものもあります。


充電不能となった場合には新たに2万円程度のバッテリーを購入しなければなりません。家庭用脱毛器がお得になるか否かには、結局はそのショット数と脱毛効果が決め手となるでしょう。

 

 

今のところ永久脱毛効果が確認されている家庭用脱毛器はないようですが・・・


広範囲を施術できるうえにカートリッジのコストパフォーマンスが非常に高いケノンは大変な人気を博しています。また家庭用脱毛器の中では珍しくレーザー脱毛が可能なトリアも意外に使いやすくて便利であると評判が寄せられています。