ハイドロキノンの使用方法と注意点

シミや黒ずみの特効薬とは?

ハイドロキノンは、シミや黒ずみなどの効果のある特効薬として知られています。できてしまったシミや黒ずみ、これからできるシミの予防にも効果が期待できる美白成分ですが、使い方や使用量など

間違えた使用方法をとってしまう

と赤みやかぶれ、白斑が出る可能性があります。そこで使用方法ハイドロキノンの使用方法と注意点についてまとめてみましたので、ぜひ参考になさってください。

 

まずは、開封してから時間の経ったハイドロキノンは使用しないで下さい。ハイドロキノンというのは熱や光に弱い性質をもっているので直ぐに成分が劣化していまい、お肌に刺激を与えてしまいます。

 

冷蔵庫など、なるだけ涼しい場所に保管するようにして保存状態にも気をつけ、

開封したらすぐに使い切る

ようにしましょう。また、ハイドロキノンは長期間続けて使用することができないのですが、使用限度が、約3ヶ月となります。それ以上使用した場合は、白斑などの原因となりますので、

シミや黒ずみの状態を見極めながら使用

していきましょう。3ヶ月ほど経っても思う様な効果がでなかった場合は、その箇所への使用は2週間前後は休止して様子をみるようにします。

使用前に必ず皮膚科で相談してみる

ハイドロキノンは、濃度が5%未満の場合、肌トラブルや副作用などの心配はないとされていますが、 厚生労働省が安全性を認めている濃度は2%ですので、もともと

お肌が弱い方や初めての使用で心配な方は2%〜それ以下

のものがオススメです。ハイドロキノンの濃度が2%〜それ以下であれば肌トラブルの心配はないかと思いますが、やはり個人差がありますので、使用前にはパッチテストをして確かめるのも良いでしょう。

 

お肌がいつもと違うように感じたり、赤みなど出た場合は無理して使い続けないようにしたほうがいいですね。少し濃度の低いものを使用した方がいい場合もありますし、

低い濃度で思う様な効果が見られるハイドロキノンがあれば理想

ですので、自分では分からない方は皮膚科などで診てもらうのも良いです。