脱毛後の保湿の重要性

脱毛ケアの保湿の役割とは?

脱毛をした後の肌は、いつもより敏感になっています。今生えている毛を生えないように処理していくわけですから、選んだ脱毛方法にもよって違いはあったとしても、やはり肌や毛穴に多少の負担はかかってしまうものです。

 

そんな肌の調子を整えるには、まず冷やす事、そして水分を失って乾燥してしまわないように気を付ける必要があります。肌が乾燥すると余計に水分が逃げやすくなり、水分が逃げることで肌本来のバリア機能も弱まってしまうため、

 

 

刺激を受けやすくなるという悪循環を引き起こします。そして肌が乾燥していると、施術を受けた時に痛みも増してしまうと言われているのです。


しっかりと保湿されて肌の水分量が多い状態の場合、光やレーザーも通りやすくなり、効果も出やすくなります。乾燥していると効果が出にくい上、痛みも強く、ひどくなると施術を断られてしまうことも。脱毛と保湿は切っても切り離せない関係なんですね。

 

保湿をする時、色々と成分が入ったものの方が良い気もしますが、ここにも注意しなければいけません。例えばボディクリームの中には香料や着色料、アルコールが含まれていることがあります。

 

こういった成分の中には普段元気な肌であれば問題がなかったとしても敏感になった肌には負担になってしまうものも含まれていることがあります。ですからできるだけ余計な成分が入っていない天然由来成分などを使ったクリームを選ぶようにするといいでしょう。

 

 

また、クリームを塗る前には化粧水で水分を与えることをオススメします。化粧水で水分補給、そしてクリームで蓋をして水分を逃さないというイメージです。


化粧水もできるだけ低刺激のものを使えば、刺激を与えずに保湿ケアできます。

 

保湿をしておかないと肌表面の角質が固くなりやすく、皮膚の下に毛が埋まってしまう埋没毛になりやすくなりますので、脇やVIOのように特に体毛の中でも太くしっかりとした毛を脱毛した方は、いつもよりも念入りにケアしておくようにした方がいいですよ。

ボディも毎日のケアですこやか肌に

ボディケアはお風呂上りに欠かさず、冬だからといって特に念入りではないですが、肌のなめらかさと肌乾燥の防止になります。ピンポイントの部位は膝から足の指先までと半袖や七分袖で目立つ腕、セレブ感覚でするなら

 

 

化粧水使うのがベストですが範囲が広いので普段はボディローションのみ。


脚や腕にざっと塗るだけでも毎日のちょこっとケアこそがすこやか肌にベスト、肌のツヤと柔らかにはよい効果。

 

念入りに化粧水使うならソイエでケアする時、体毛手入れする前はソイエがなめらか感覚でケアできるようボディローション、体毛ケアした後も肌乾燥するので化粧水とボディローションを使い。2回もつければべた付く様な感じもしますが、

 

 

ケア前に使えばケアするのになめらかになり、皮膚にある皮脂をキープ。


器具使いながら油分も少なくなるのでケアの前とケアしてからのローション使いが習慣になりました。空気が乾燥するから寒い季節になってからでなく、夏でもボディケア、汗かいても肌乾燥はするので一年通して欠かさずするのが美容のコツです。