毛嚢炎の原因と処置方法

毛穴の奥で毛根を包んでいる部分、「毛包」が、細菌に感染することで起こるのが「毛嚢炎」です。

 

この細菌というのは黄色ブドウ球菌と呼ばれるもので、普段から人の肌の表面にいて、通常だと悪さをするものではありません。

 

しかし、肌についた傷や肌が弱まった状態になると肌内部に入り込み、毛嚢炎を引き起こします。

 

元々は健康な状態の肌であったとしても、脱毛後に起こりやすいトラブルの1つとされ、特に太い毛を処理した時になりやすい傾向があります。男性だと髭の脱毛、

女性だとVラインの脱毛を行った時に起きる頻度が高くなる

そうです。自己処理で脱毛をした時でも、毛抜きで無理やり毛を引き抜いたり、切れ味の悪いカミソリで何度も剃ったりとしているうちに肌が傷つき、感染を引き起こすこともあるので注意して下さい。

 

毛嚢炎になると肌の表面に赤いプツプツや、ニキビのように中央が白いできものができます。しかし軽傷の場合は痛みやかゆみを伴わないため、

肌の清潔を保ち、洗顔後などにタオルで擦ったりしない

ように気を付けていれば自然と治るので、そこまでの心配はありません。できれば消毒液で軽く患部を拭き取るようにしておくと、さらに安心です。

 

ただ中には繰り返し毛嚢炎が起こったり、強い痛みやかゆみを感じる方もいらっしゃいます。そういった時はまず、抗菌作用のある石鹸で優しく洗ってみることをおすすめします。

 

石鹸であれば毎日の洗顔やシャワー時に

ボディソープ代わりに使うだけなので簡単

に実践できて便利です。特に夏場は汗をかくため細菌も繁殖しやすいので、マメに汗を流して清潔を保てるように心がけましょう。

 

Vラインにできてしまった場合は柔らかい生地の下着を、いつもより多い頻度で取り換えるなどの対策が有効です。このように毛嚢炎は、基本的に清潔にすることで抑えることができます。

 

ですが、どうしても治まらない時や次から次にできものができてしまった時は必ず皮膚科を受診して、念のため化膿止めの薬などで治療をしてもらうようにしてください。