シミ、色素沈着、パッチテストについて

脱毛でムダ毛を処理してお肌をきれいな状態にすることは女性にとってはある意味では永遠の憧れかもしれません。

 

しかし、せっかく脱毛するための時間とお金を確保したとしても、「あること」が原因になって脱毛不可能になるケースもあるので注意しましょう。

 

お肌にシミやホクロ、色素沈着ができていると脱毛は不可能であるということはよく噂されています。

 

そしてこの噂はあながち本当のようで、脱毛したい部分にシミや黒ずみができていると、脱毛の施術を断られるケースは確かにあるようです。これには、脱毛の施術の性質が関係しています。

 

ほとんどの脱毛サロンおよび脱毛クリニックでは、フラッシュやレーザーなどの強力な熱と光を毛根のメラニンに反応させて破壊することにより、ムダ毛の処理を行っています。

 

このとき、シミやホクロといった色素の濃い部分にフラッシュやレーザーを照射すると、その部分に著しいダメージが与えられてしまいます。

ひどい場合になるとやけどの症状につながってしまう

こともあるようです。最近ではシミやホクロに専用のテープを当ててから脱毛する、ある程度の色素沈着のある部分の脱毛ができる施設は増えてきていますが、用心はしておいた方が良いでしょう。

 

また、シミやホクロから生えているムダ毛の処理はできませんのでご注意ください。

 

そして、コースを組む前にしておきたいことですが、お肌にシミや色素沈着などがある場合のトラブルを避けるためにも、脱毛サロンなどでスケジュールを組む前に

カウンセリングやパッチテストを受けておく

ことをおすすめします。まずはカウンセリングで脱毛可能かどうかを相談し、テスト照射を行ってお肌への影響を確認しましょう。

 

一つの脱毛サロンまたは脱毛クリニックで満足する答えを得られない場合は、複数の脱毛施設で質問してみたり、皮膚科のドクターに質問してみたりしましょう。

 

脱毛してきれいになるのは素敵なことですが、本当に大事なのは健康です。体に害がないかきちんと確かめてから本格的な脱毛を始めましょう。