埋もれ毛の原因とケア方法

埋もれ毛は見た目が悪いだけではなく、本人の不快感が半端ありません。脱毛で起こるトラブルの中でも、最も最悪な症状といえるものです。不愉快で深刻な埋もれ毛ですが、そもそもの原因は何なんでしょうか。ここでは、

 

 

症状が現れたときのケア方法と共にまとめてみました。


埋もれ毛の原因

埋もれ毛の最大の原因は、自己処理による間違ったケアです。剃刀、毛抜きなどを使うことで無駄毛と肌を誤った方法で傷つけてしまっているのです。例えば自己処理では、深剃り、逆剃りが発生しやすいです。

 

ムダ毛の先が鋭利にとがることで、毛穴からではなく皮膚を突き破る事があります。また、毛抜きで一気に引き抜くことで毛が途中で切れてしまいます。強く引っ張る事で刃物での自己処理同様に毛が鋭利な切り口になってしまいます。

 

 

自己処理はムダ毛を間違った状態で削る


だけではなく、周辺の皮膚を傷つけることもあり、周辺の皮膚が傷ついてしまうと、毛が正しい状態で伸びなくなるのです。例えば毛穴の周りの皮膚を傷つけることで、毛穴がふさがり毛が出られなくなります。

 

正しい状態で伸びてきたムダ毛の出口がなくなると、皮膚を突き破り成長するしかなくなるのです。

埋もれ毛のケア方法

ケア方法についてですが、埋もれ毛が出来る前に、肌をやわらかく保つピーリングを行っておきましょう。既に出来てしまっている場合には、無理にゴシゴシとこすらずに、適切にケアをする程度にしておくべきです。埋もれ毛をどうにかしたいからといって、

 

 

ゴシゴシと肌を傷つけるのは良くありません。


あくまでもやさしくケアをして、肌質をやわらかく健やかな状態にすることが大切で、ムダ毛のケアはレーザー脱毛を使って埋没毛の部位を取るのが一番です。埋もれ毛はとても不快な症状なので、自己処理をしたくなりますが、

 

 

絶対にやってはならないことは自分で切開をすることです。


切開をすると、肌が傷つくことで雑菌が入り炎症を起こしやすくなり、シミや肌の陥没の原因となってしまう可能性が高いです。まずは埋没毛を作らないように日々の肌ケアがとても大切で、埋没毛ができてしまったら適切な対処をして、肌を綺麗にしてあげましょう。