肌トラブル対策について

脱毛はどんな方法を使ったとしても、肌に全く刺激がないわけではありません。

 

昔に比べると痛みも少なく、低刺激になってきてはいますが、やはり自分自身でもトラブル対策をする必要があります。

 

脱毛で起こりうる肌トラブルには2種類あります。1つ目が施術そのもので肌を傷つけたり炎症を起こしてしまうことです。

 

これに関しては、すぐに皮膚科に行くしかありません。

 

クリニックで脱毛をしている方はそのまま見てもらうことができますし、今はサロンでも病院を紹介してくれるところがありますので、そういったものを利用しましょう。

 

もう1つが、施術を受けた後、自分自身でできるケアを怠ることで起きるトラブルです。施術そのもので起きるトラブルは、脱毛技術や機械の性能の向上によって、起きる頻度も少なくなっています。

 

しかしこのケアをしない事でのトラブルは、自分でしっかり管理しないといつ起きてもおかしくないことなのです。だからこそ、脱毛後のケアこそがポイントになります。

 

脱毛後の肌というのは、いつもより敏感になっています。紫外線を浴びることでの刺激や、服でこすれることなどでも炎症を起こしてしまうことがあるそうです。

 

特に脇の脱毛は非常に人気で施術を受ける方も多いのですが、その分炎症や火傷などのトラブルが起きる確率も高くなり、他の部位に比べると

衣服でこすれやすいので症状が治りにくい部位

でもあります。こういったトラブルを防ぐために重要なのが「保湿」を徹底することです。乾燥した状態が続くと余計に肌が敏感になり、傷もつきやすくなってしまいます。

 

乾燥して痒みが出て、肌の弱い部分を掻き壊してしまうと傷跡が残ってしまうことも考えられるでしょう。

 

お店で施術をした場合その場できちんとケアをしてくれることがほとんどですが、乾燥すると肌自体のバリア機能も弱まってしまうので、自分でもローションやクリームで保湿をしておくと安心です。

 

またその時に使うローションを少し冷やしておけば塗った時に肌もクールダウンでき、火照って炎症した肌も落ち着かせることができます。