恥ずかしいを解消するVIO脱毛の施術とは?

一般的には紙パンツ着用で施術

VIO脱毛を受ける際に、施術体勢はどのような格好でやるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

 

ほとんどの脱毛サロンやクリニックの光脱毛では、紙パンツが用意されていますので、紙パンツを着用して施術していくような感じですので恥ずかしさも軽減されますね。

 

 

また、ワックス脱毛を希望する場合やワックス脱毛の施術を行うサロンなどは下着は着用しない状態で施術します。


施術体勢や格好についてですが、VラインとIラインの場合は仰向けに寝そべり、ショーツを少し下にさげたり、ずらしたりして足は閉じたまま施術しますが、紙パンツが有料で必要ない場合は、自分が着用しているショーツを履いたまま照射するサロンもあります。

 

カウンセリング時に確認しておきたい部位別の体勢

Iラインを施術する時の体勢は、Vラインに比べると恥ずかしさが増すの部分でもあります。仰向けになって片足ずつ膝を立て、少し外側に倒すような感じで照射します。そしてOラインの脱毛の体勢は

 

 

特に初めての方は一番恥ずかしいと思う人が多いかもしれません。


サロンやクリニックによって違いはありますが、うつ伏せ状態で施術するサロンと四つん這いになって施術するサロンがあります。

 

次に痛みについてですがエステで施術をするか、クリニックでするかによって違いがあります。脱毛の痛みは、わかり易い表現ですと輪ゴムでパチンと弾いたような痛みなのですがVIOラインはそれよりも痛みが強いと言われています。

 

時に痛みは恥ずかしさを半減させる場合もある

痛みは個人差があり、痛くて断念したという方もいらっしゃいます。クリニックの場合は麻酔を使ってくれるところもありますので痛みを軽減することもできます。どちらにしても脱毛は毛の量が多く、太いと痛みが強く出ますし、

 

 

サロンやクリニックによって使う機器に違いがありますので、あまりにも痛みに不安があるという方は痛みの少ない所を選ぶといいかもしれません。


痛みが少ない機器は比較的新しいレーザー脱毛機や光脱毛機を導入しているサロンやクリニックを選ぶと良いでしょう。

 

ハイパースキン脱毛法で使用する機器の場合は殆ど痛みが感じないと云いますが痛みが気にならない反面、恥ずかしさに意識が集中してしまうおそれがあると思います。